米国株式

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスの運用コストと評価

同じ指数に連動するインデックスファンドなら、10年前に設定された高コスト商品よりも、最近設定されたローコスト商品の方が資金流入が多い(人気が高い)と思いがちですが、そうでもないケースがたくさんあります。ネット証券しか見ていない人には分からない、販売力の差が作用しているのかも知れません。

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスもそんな商品のひとつです。高コストなのに、まだ売れ続けています。

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックス

2009年4月30日に税抜き信託報酬0.69%で設定されました。運用会社は三井住友トラストアセットマネジメントです。以来、信託報酬は引き下げられていません。

  • 購入時手数料税抜き3%が設定可能で、金融機関を選ばないと徴収されてしまいます。
  • 解約時信託財産留保額0.2%が設定されています。
  • 取扱金融機関は72社もあります。
  • つみたてNISA適格ではありません。
  • 何度か分配金を出したことがあります。2015年4月21日以降は無分配を続けています。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFree NYダウと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスの隠れコストは驚くほど安いです。でも信託報酬が高いので、トータルコストは0.78%もします。

リターン比較

DIAトータルリターンとの比較

NYダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)に連動するETFにDIAがあります。SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスは現物株運用で、DIAとは無関係ですが、DIAトータルリターンと比較することで運用コストの大小が分かります。

次は2018年年初から2020年11月30日までの、DIAトータルリターンとの比較です。

DIAトータルリターンとの比較グラフ

次はDIAトータルリターンの運用コストを年率0.59%ポイント増量したものとの比較です。

DIAトータルリターンの運用コストを年率0.59%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。運用報告書から計算したトータルコスト差からすると、もう少し増量が必要です。おかしいですね。

iFree NYダウとのリターン比較

次はiFree NYダウとのリターン比較です。2017年4月10日から2020年12月11日までです。

iFree NYダウとのリターン比較グラフ

緑のラインがSMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスです。青のラインはiFree NYダウーSMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスです。きれいな右肩上がりの直線です。なお、株価暴落時に凹んでいるのは正常です。

次はSMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスの運用コストを年率0.34%ポイント増量したものとの比較です。

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスの運用コストを年率0.34%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。運用報告書から計算したトータルコスト差は0.50%ポイントあるので、計算があいません。

まだ売れています

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は492億円です。今ではすっかり高コストになってしまいましたが、ローコスト商品より売れています。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスも、コロナショックによる株価暴落時に資金流入額が激増しています。

eMAXIS NYダウとiFree NYダウもプロットしました。

eMAXIS NYダウとiFree NYダウもプロットしたグラフ

青のラインがeMAXIS NYダウ、緑のラインがiFree NYダウです。SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスの圧勝です。

評価:買う価値ありません

SMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスは2009年から運用されている、歴史のある商品です。今ではすっかり高コストになってしまいましたが、2019年月5月に税抜き信託報酬0.60%で設定されたOne NYダウとは事情が異なります。

特定口座で買うならiFree NYダウの方がローコストで良いですし、つみたてNISA口座で買うならeMAXIS NYダウ一択です。わざわざ高コストなSMTAMダウ・ジョーンズ・インデックスを買う価値はありません。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER