先進国株式

SOMPO123 先進国株式の運用コストと評価

SOMPO123 先進国株式は日本を除く先進国の株式に投資するアクティブですが、税抜き信託報酬が0.07%と激安です。人気の資産クラスが米国株式と全世界株式に二分され、一時期の勢いを失いつつある先進国株式ですが、SOMPO123 先進国株式はニッチなニーズに応えることができるでしょうか。

SOMPO123 先進国株式

2021年12月21日に税抜き信託報酬0.07%で設定されました。運用会社はSOMPOアセットマネジメントです。

  • 日本を除く先進国の株式に投資するアクティブファンドです。目論見書にはベンチマーク、参考指数ともに記載がありません。
  • 約123銘柄に投資するとありますが、この銘柄数は変わることもあるようです。

組成内容の印象は良いのですが、投資対象銘柄数が123程度と少ないところが気になります。でも日本を除く先進国+新興国に投資するアクティブファンドである、ひふみワールドの投資対象銘柄数は185程度です。123銘柄で十分という自信があるのでしょう。

なお、信託報酬は激安ですが、往々にしてトータルコストはびっくりするほど高くなることがあります。よほどの理由がない限り、運用実績(パフォーマンス)が分かり、第一期運用報告書が公開されてトータルコストが明らかになるまでは、様子見するのがいいでしょう。

SOMPO123 先進国株式はアクティブファンドなので、最短でも設定から5年経過しないとつみたてNISA適格になれません。

スリム先進国株式は対抗値下げしませんでした

予定通り、スリム先進国株式はSOMPO123 先進国株式に対抗値下げしませんでした。

当然ですね。

組成内容

SOMPO123 先進国株式はMSCIコクサイを参考指数にしているとはうたっていませんが、意識していることは間違いないでしょう。次はSOMPO123 先進国株式とスリム先進国株式の国別投資割合の比較です。

SOMPO123 先進国株式とスリム先進国株式の国別投資割合の比較表

引用:月次報告書

米国への投資比率はほぼ同じ、他の上位国も似通っています。

MSCIコクサイが1,280銘柄に投資するのに対し、SOMPO123 先進国株式はわずか123銘柄にしか投資しないため、分散の度合いは極度に小さくなります。

次はSOMPO123 先進国株式の組込上位10銘柄です。

SOMPO123 先進国株式の組込上位10銘柄

次はスリム先進国株式の組込上位10銘柄です。

スリム先進国株式の組込上位10銘柄

SOMPO123 先進国株式の投資対象はMSCIコクサイと微妙に違いますね。少なくとも上位10銘柄にはテスラがありません。アクティブファンドらしさを感じます。

運用コスト(トータルコスト)

第一期運用報告書が公開される2023年2月頃までは、運用コストは分かりません。また、アクティブファンドなのでスリム先進国株式とのリターン差から運用コストの大小を推測することもできません。

リターン比較

先進国株式インデックスと比較します。SOMPO123 先進国株式の設定直後を避けた、2022年1月4日から5月6日までです。赤のラインがSOMPO123 先進国株式、緑のラインが比較対象です。青のラインはリターン差で、SOMPO123 先進国株式ー比較対象です。

スリム先進国株式との比較

SOMPO123 先進国株式とスリム先進国株式のリターン比較グラフ

SOMPO123 先進国株式はスリム先進国株式をアウトパフォームしていますが、青のラインは右肩上がりで推移しているわけではありません。今後、多くの期間においてスリム先進国株式との差を広げられるか、ですね。アクティブファンドに期待するのはその1点だけなのですから。

SBI先進国株式との比較

ほとんど話題にされませんが、SBI先進国株式はつみたてNISA適格の先進国株式インデックスファンドです。

SOMPO123 先進国株式とSBI先進国株式のリターン比較グラフ

スリム先進国株式との比較結果に似ています。

ネット証券をメインにしています

SOMPO123 先進国株式は次の金融機関で販売されています。

  • SBI証券
  • auカブコム証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • PayPay銀行
  • 新生銀行

なぜか楽天証券では販売されていません。

信託報酬が激安なので、販売ルートをネットに絞るのは自然な判断だと思います。

売れ行きは

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。設定日に4億円ありましたが、これは運用側の初期投資と思われます。純資産総額は13億円です。

SOMPO123 先進国株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

推移としては悪くないです。安定して人気を獲得できるかどうかは、パフォーマンス次第でしょう。

評価:今後に期待しています

アクティブファンドが参考指数を常時アウトパフォームするのは非常に難しいことが知られています。SOMPO123 先進国株式は信託報酬が激安のアクティブファンドですが、つまるところパフォーマンスが通常のインデックスファンドより悪ければ存在価値がなくなってしまいます。

アクティブファンドは信託報酬が高いというこれまでの常識に逆らうSOMPO123 先進国株式は、MSCIコクサイをアウトパフォームし続けることができるでしょうか。

僕は様子見がいいと思いますが、それでもSOMPO123 先進国株式の今後に期待しています。

おすすめの関連記事

-先進国株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER