全世界株式

スリム全世界株式(オール・カントリー)の運用コストと評価

先進国株式+新興国株式+国内株式で組成される「全世界株式」の代表格は楽天全世界株式とスリム全世界株式(オール・カントリー)です。日本ではその組成は売れないと言われた時期がありました。今そんなことを言ったら「馬鹿じゃね」と笑われそうですが、そのひと昔前の通念を打破したのが、楽天全世界株式でした。

楽天全世界株式のベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスです。スリム全世界株式(オール・カントリー)のベンチマークはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスです。ベンチマークは違いますが、受益者はベンチマークよりも商品そのものへの関心が高いようです。

スリム全世界株式(オール・カントリー)誕生前

オール・カントリーは楽天全世界株式に13ヶ月遅れで設定されました。オール・カントリーの誕生にまつわる昔話には興味ないって方は、ここまで飛ばして下さい。

楽天全世界株式の躍進

スリムシリーズ第一弾が設定されてから7ヶ月後に登場したのが、楽天全世界株式です。楽天全世界株式が設定直後から高い人気を獲得できた背景には、当時人気の高かったVT(バンガード社のETF)を、インデックスファンドとして手軽に買えるようにしたことがあるはずです。

でも当時は、「全世界株式」と言えば先進国株式+新興国株式を指していたようです。たとえばeMAXIS全世界株式には、カッコ付きの補足名がありませんが、先進国株式+新興国株式です。これのスリム版は、スリム全世界株式(除く日本)です。これが設定されるのは既定路線だったとして、当時投信ブロガーは日本を含む全世界株式に、時価総額比で投資する、楽天全世界株式の対抗となる商品を熱望していました。

不発だった3地域均等型

ところが三菱UFJ国際投信が出した答えは違っていました。2018年4月3日にスリム全世界株式(3地域均等型)を設定したのです。そして当時、ブロガーミーティングで「時価総額比の全世界株式の予定はない」と明言して、出席者の多くをがっかりさせました。

3地域均等型は現在でも、スリムシリーズらしくない不人気商品です。その組成が広く受け入れられなかったということです。eMAXISバランス(8資産均等型)が高い人気を獲得し、そのスリム版が設定直後から安定して売れたのとは対照的です。

ど真ん中で勝負

オール・カントリーは2018年10月31日に設定されました。FOY2018の投票対象になるには、この日までに設定されていなければならない、という特別な日です。

オール・カントリーの設定に関して、三菱UFJ国際投信は勝負にこだわりました。3地域均等型の国内株式がTOPIXをベンチマークにしていた(よって既存のマザーファンドが利用できた)ように、その33.3%ずつの比率を時価総額比である82%、11%、7%に変更するだけでオール・カントリーを組成できたわけですが、三菱UFJ国際投信の代田取締役は「国内株式をTOPIXで代用するのは潔しとしない」と言われていました。そうして選択肢に上がったベンチマークはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスとFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスになりましたが、三菱UFJ国際投信はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスを選択しました。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスの国内株式部分はMSCIジャパンですが、三菱UFJ国際投信はそのマザーファンドを運用していなかったのでわざわざ新設しました。TOPIXで代用する方がはるかに楽な道だったはずですが、あえて困難な(投資額が大きくなる)道を選択したわけです。代田取締役は「ど真ん中で勝負したかった」とも言われました。

国内株式をTOPIXで代用せず、MSCIジャパン指数に連動するマザーファンドを新設したことについては、投信ブロガーの間でも賛否両論ありました。否定的だった人が気にしたのは次の2点でした。

  • マザーファンドの純資産総額が十分な額になるまでは安定した運用が期待できない。
  • 明らかに、TOPIXで代用するより、コスト的に不利である。

でも結果的に、この心配は杞憂で終わりました。

スリム全世界株式(オール・カントリー)の信託報酬引き下げ履歴

オール・カントリーはこれまで信託報酬を2回引き下げています。すべて同率への対抗値下げです。次はその履歴をまとめた表です。

スリム全世界株式(オール・カントリー)の信託報酬引き下げ履歴表

全世界株式インデックスの税抜き信託報酬が0.104%だなんていい時代になったものです。

意味のない受益者還元型信託報酬制度

スリムシリーズは純資産総額が500億円、1,000億円を超えると信託報酬が漸減される「受益者還元型信託報酬制度」を採用しています。ところがSBI全世界株式への対抗値下げにより、オール・カントリーの受益者還元型信託報酬の削減幅が1/10に減ってしまいました。

漸減率が1/10になった受益者還元型信託報酬制度を説明した表

ここまで減ると数字の遊びレベルで、現実の世界ではその恩恵を実感するのは無理です。ただし、オール・カントリーの純資産総額が500億円、1,000億円を超えるとこの制度の存在が話題になり、たとえ実質的な効果がなくても、それが「宣伝効果」を生み、さらに人気を押し上げる可能性があります。マーケティング戦略としては、実に有効だと思います。

運用コスト=信託報酬+隠れコスト

運用コスト(トータルコスト)は信託報酬と隠れコストの合計です。隠れコストは運用報告書に記載されている、売買委託手数料、有価証券取引税、保管費用、監査費用などから構成されます。

次はオール・カントリーの運用報告書から計算したトータルコストです。

オール・カントリーの運用報告書から計算したトータルコスト表

運用報告書にある数値を信じるなら、隠れコストはスリム全世界株式(除く日本)のものと比較して、ほぼ期待通りだったと思います。MSCIジャパンのマザーファンドを新設していたので、(第一期は)隠れコストが高くなることが危惧されましたが、三菱UFJ国際投信はうまく切り抜けたようです。

スリム全世界株式(オール・カントリー)とベンチマークのリターン比較

MSCI社からダウンロードしたMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスのベンチマークとリターン比較をします。ベンチマークは配当込み、現地課税後の「ネット」が適切だと思うのですが、オール・カントリーの国内株式の配当金は課税なし、先進国株式と新興国株式の配当金は現地課税ありのはずなので、このベンチマークはオール・カントリーとの比較には使えないと思われます。

が、現状他に良い指標がないため、無理を承知で比較します。次はオール・カントリーの設定日から株価暴落が始める直前までの、ベンチマークとの比較です。

スリム全世界株式(オール・カントリー)とベンチマークのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、ベンチマークーオール・カントリーです。

  • 暴れが大きいのは、このベンチマークが指標として正しくないことを示しています。
  • 暴れを無視するとほぼフラットですが、オール・カントリーの運用コスト分、右肩上がりになるのが正解です。
  • 結局、オール・カントリーの運用はベンチマークから大きく外れていないに違いない、ということしか分かりません。

ステートストリート全世界株式とのリターン比較

次はベンチマークが同じである、ステートストリート全世界株式とオールカントリーの比較です。グラフのスケールは同じです。

ステートストリート全世界株式とのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、オール・カントリーーステートストリート全世界株式です。右肩上がりの美しい直線です。その傾きは、トータルコスト差を示しています。

次はオール・カントリーの運用コストを年率0.32%ポイント増量したものとの比較です。

オール・カントリーの運用コストを年率0.32%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。一方、運用報告書から計算したトータルコスト差は、約0.40%ポイントです。計算上0.08%ポイント合いませんが、その理由は分かりません。

Fund of the Yearの順位

日本を含む全世界株式に時価総額比で投資することを魅力的にしたのは、楽天全世界株式の功績です。オール・カントリーは楽天全全世界株式を目標にしたはずです。

次は楽天全世界株式とオール・カントリーの、Fund of the Yearの順位です。オール・カントリーは2018年度から対象です。

楽天全世界株式とオール・カントリーの、Fund of the Yearの順位表

オール・カントリーの人気の高さが分かります。楽天全世界株式には残酷な結果ですが、Fund of the Yearは限られたブロガーの投票結果でしかありません。ファンドへの資金流入額を見ると、楽天全世界株式の人気は盤石です。

楽天全世界株式を追い上げるオール・カントリー

次は楽天全世界株式とオール・カントリーの、設定来の資金流出入額の累計の推移です。楽天全世界株式の純資産総額は391億円、オール・カントリーは290億円です。

楽天全世界株式とオール・カントリーの設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

赤のラインがオール・カントリーです。2019年までは楽天全世界株式との差が広がる一方でしたが、2020年になってオール・カントリーの資金流入額が上がり、差が縮まるようになりました。

直近60日間の資金流出入額の累計はこうでした。

  • 楽天全世界株式:42.35億円
  • オール・カントリー:71.03億円

株価暴落による買い増しもあったでしょうから、このペースが今後も維持されるとは考えにくいですが、現在、オール・カントリーは絶好調ですね。

結論:楽天全世界株式かオール・カントリーの二択

日本を含む全世界株式に、時価総額比で投資するなら、楽天全世界株式かオール・カントリーの二択になります。他の選択肢は論外ですね。

オール・カントリーは運用コストが安く、純資産総額(人気)に勢いがあります。でも、そもそもベンチマークが違うので、同列には比較できません。

楽天全世界株式とオール・カントリーのどちらが良いかは、人によって答えが変わります。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER