新興国株式

たわら新興国株式の運用コストと評価

2017年2月にスリムシリーズの第一弾が登場した頃から、インデックスファンドの超ローコスト化が急激に進行しました。商品選択の際に押さえるポイントは、信託報酬だけではないものの、信託報酬が高いとそれだけで選択肢から落とされてしまうのが現実です。

たわら新興国株式は、超ローコスト競争に付いていくことができず、その結果、高コストかつ相対的に不人気です。インデックスファンドは純資産総額の多い方が何かと有利であり、不人気な商品は受益者と共に衰退していくものです。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

たわら新興国株式

2016年3月14日に設定されました。信託報酬は(当時でも高水準の)税抜き0.495%でしたが、2017年12月30日に0.340%に引き下げられました。でもこの対応、結果的には残念なもので終わっています。

信託報酬引き下げを時系列でまとめるとこうなります。青字はスリム新興国株式の引き下げ履歴です。

信託報酬引き下げ履歴表

たわら新興国株式が最安水準に引き下げますと発表してから実施するまでの間に、ライバルが驚異的な値下げをしてしまったのです。その後、たわら新興国株式は信託報酬を引き下げていません。ローコスト化競争から距離を置いたということです。

高い運用コスト

運用コストは、信託報酬+隠れコストのトータルコストで見る必要があります。隠れコストは運用報告書に書かれている数値から計算しますが、事前には分からず運用報告書が公開されてからびっくりすることが少なくありません。

次は運用報告書から計算したトータルコストです。スリム新興国株式と比較しています。

運用報告書から計算した、たわら新興国株式のトータルコスト表

たわら新興国株式のトータルコストは1.129%と、引いちゃいそうな水準です。信託報酬にも差はありますが、たわら新興国株式は隠れコストが異様に高いです。

次は隠れコストの明細です。高さが目立つものを赤字にしています。

たわら新興国株式とスリム新興国株式の隠れコストの明細表

たわら新興国株式は全体的に高いです。新興国株式では鬼門と言える保管費用も高いです。でも、第3期まではここまで高額ではありませんでした。さらに「その他」がバカ高いです。

ここからマニアックな話になります。そういうのはいいやって方は、ここまで飛ばして下さい。

たわら新興国株式のトータルコストの推移

次はたわら新興国株式のトータルコストの推移です。

たわら新興国株式の6期までのトータルコスト一覧表

第4期に隠れコストが跳ね上がっています。その後上昇傾向です。次は隠れコストの明細です。

たわら新興国株式の6期までの隠れコストの明細一覧表

第6期で「その他」が跳ね上がりました。良くないですね。

第4期はマザーファンドの売買比率が上昇

たわら新興国株式のマザーファンドの売買比率は、第4期に急上昇していました。第5期はさらに増えています。マザーファンドで上昇した売買コストを、たわら新興国株式のベビーファンドにどう負担させているのかは不明ですが、これが売買委託手数料と有価証券取引税を増加させた要因かも知れません。

第1期から第6期の、マザーファンドの売買比率と先物比率の比較表

また、なぜか第4期以降は先物比率が過去3期より明らかに上昇していました。これは歓迎できないですね。

たわら新興国株式とスリム新興国株式のリターン比較

株価暴落前まで

次はたわら新興国株式とスリム新興国株式のリターン比較です。2018年年初から、コロナショックによる株価暴落が始まる直線の2020年2月20日までです。

たわら新興国株式とスリム新興国株式のリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、スリム新興国株式ーたわら新興国株式です。青のラインの傾向は右肩上がりで、これはスリム新興国株式の方が低コストであることと符合します。

株価暴落時に問題を起こした模様

次は2018年年初から2020年12月30日までの比較です。

たわら新興国株式とスリム新興国株式のリターン比較グラフ

株価暴落時に大きく差が開いています。新興国株式であれだけの株価変動があったのですから、期待通りの運用ができなくても仕方なかったかも知れません。でも、たわら新興国株式の受益者は2.5%ポイント程度のリターンを失ったことは事実です。

スリム新興国株式とFunds-i 新興国株式のリターン比較

次はスリム新興国株式とFunds-i 新興国株式のリターン比較です。グラフのスケールは同じです。

スリム新興国株式とFunds-i 新興国株式のリターン比較

株価暴落時に青のラインが凹むのは想定通りです。この比較からは運用に問題はなかったように見えます。

次はスリム新興国株式の運用コストを年率0.28%ポイント増量したものとの比較です。

スリム新興国株式の運用コストを年率0.28%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。まぐれではこうはなりません。よって、多数決では(ここには掲載しませんでしたが他の商品との比較結果も踏まえて)、問題を起こしたのはたわら新興国株式だと判断します。

運用報告書ではどう言及されていたか

次は下方乖離を起こした第5期の運用報告書からの引用です。

引用:運用報告書

この表現は、数値を除いて第4期と変わりません。つまり、下方乖離については特段言及されていません。

たわら新興国株式の受益者には不運でした

今回の暴落のような状況だと、特に新興国株式では、どのファンドだって乖離を起こしておかしくないものと推測します。たわら新興国株式は盛大にやらかしてしまい、こうやって取り上げられてしまいました。でも、たわら新興国株式の受益者から見れば、2.5%ポイント程度のリターンを失ったことになるわけで、不運でしたで済ませて欲しくはないでしょうね。

なお、この記事の結論では下方乖離を無視しています。どうしてかと言うと、株価暴落時に下方乖離を起こしたぐらいで死刑宣告していたら、生き残れるファンドがなくなるからです。

コロナショック後以降

次はコロナショックによる株価暴落から回復基調になった、2020年5月から2022年2月10日までの、スリム新興国株式とのリターン比較です。

2020年5月から2022年2月10日までの、たわら新興国株式とスリム新興国株式とのリターン比較グラフ

青のラインは右肩上がりで推移しており、たわら新興国株式がスリム新興国株式より高コストであることを示しています。

Fund of the Yearの順位

次はたわら新興国株式とスリム新興国株式の、Fund of the Yearの順位です。スリム新興国株式は2017年度から対象です。

たわら新興国株式とスリム新興国株式の、Fund of the Yearの順位表

たわら新興国株式は2017年度から選外です。スリム新興国株式ですら毎年順位を落としているので、これは高コストファンドの当然の結末と言えるでしょう。

人気もスリム新興国株式にはかないません

次はたわら新興国株式の設定来の、資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は129億円です。

たわら新興国株式の設定来の、資金流出入額の累計の推移グラフ

頭打ちになるのを必死にこらえながら、一定のペースで増加しています。

スリム新興国株式もプロットすると、競争の厳しさが良く分かります。

たわら新興国株式とスリム新興国株式の設定来の、資金流出入額の累計の推移グラフ

緑のラインがスリム新興国株式です。純資産総額は805億円です。シリーズの知名度の差と言っていいでしょうね。

評価:おすすめしません

たわら新興国株式はおすすめできません。スリム新興国株式の方がいいです。

  • 信託報酬が高い。ローコスト競争から距離を置いているのは明らか。
  • トータルコストが高い。隠れコストが年々増加している。
  • 相対的に不人気。現状では、スリム新興国株式の純資産総額に追い付くのは不可能。

また、先物比率が10%を超えているのも歓迎できません。スリム新興国株式は4%未満です。

新興国株式という資産クラス(ジャンル)で、たわら新興国株式が生き残れるとは思えません。たわら新興国株式を応援したいのなら話は別ですが、その気がないのなら投資しない方が賢明です。

おすすめの関連記事

-新興国株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER