米国株式

たわらNYダウの運用コストと評価

たわらNYダウはiFree NYダウより半年遅れて設定されました。税抜き信託報酬は同じでしたが、たわらNYダウは隠れコストが異様に高い問題児でした。隠れコストは決算期を経るごとに削減されましたが、投資信託は信託報酬だけを見ていたのではダメだという実例です。

たわらNYダウ

2017年3月21日に税抜き信託報酬0.225%で設定されました。先行していたiFree NYダウと同率です。以来、信託報酬は引き下げられていません。

たわらNYダウはつみたてNISA適格ではありません。また、iDeCoナビによると次の金融機関で扱われています。

  • ソニー銀行
  • マネックス証券

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFree NYダウと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

たわらNYダウは隠れコストが高めです。次は隠れコストの明細です。高い項目を赤字にしています。

隠れコストの明細表

高コストだった過去

次はトータルコストの4期比較です。

たわらNYダウのトータルコスト4期比較表

たわらNYダウの隠れコストは異様に高かったです。第4期でやっとまともになりました。主に保管費用の高さが目立ちました。

ETFも買っていました

たわらNYダウはDIA(NYダウ指数に連動するETF)を、2020年3月まで買っていました。4月以降は買っていません。DIAの比率は、高い時は9%を超えていました。

ギリギリ現物株運用と言える水準だったでしょうか。

リターン比較

DIAトータルリターンとの比較

NYダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)に連動するETFにDIAがあります。たわらNYダウはほぼ現物株運用で、DIAの比率は高くても9%でしたが、DIAトータルリターンと比較することで運用コストの大小が分かります。

次は2018年年初から2020年11月30日までの、DIAトータルリターンとの比較です。

DIAトータルリターンとの比較グラフ

次はDIAトータルリターンの運用コストを年率0.26%ポイント増量したものとの比較です。

DIAトータルリターンの運用コストを年率0.26%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。同じ期間における、iFree NYダウとDIAトータルリターンの比較では、0.21%ポイントの増量が適量でした。その差は、運用報告書から計算したトータルコスト差に符合します。

iFree NYダウとのリターン比較

次はiFree NYダウとのリターン比較です。たわらNYダウの設定直後を避けた、2017年4月10日から2020年12月11日までです。

iFree NYダウとのリターン比較グラフ

緑のラインがたわらNYダウです。青のラインはiFree NYダウーたわらNYダウです。きれいな右肩上がりの直線ではありません。なお、株価暴落時に凹んでいるのは正常です。

リターン差を示すラインの傾きは、運用コストの大きさを示しています。補助線を引きました。

iFree NYダウとのリターン比較グラフに補助線を引いたもの

リターン差のラインの傾きが小さくなっているのは、運用報告書から計算したトータルコストが決算期を経るごとに減少したことに符合します。

次は株価暴落から回復過程にある、2020年4月10日以降の比較です。右軸のスケールを拡大しています。

iFree NYダウとのリターン比較グラフ、2020年4月10日以降

ほぼリターン差がありません。このことから直近では、たわらNYダウのトータルコストはiFree NYダウのそれと変わらないと思われます。

不人気です

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は36億円ですが、NYダウ指数連動商品としては不人気です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

設定日の純資産総額が3億円ありました。そのうちいくらかは運用側の初期投資かも知れません。

たわらNYダウも、コロナショックによる株価暴落時に急激に資金が流入しています。でも5月以降は頭打ちです。どうしてこんなおかしな買われ方をしたのかは謎です。

次はiFree NYダウもプロットしたものです。

iFree NYダウもプロットしたグラフ

iFree NYダウ圧勝です。実はiFree NYダウはiDeCoで多く買われていますが、たわらNYダウにはその傾向はありません。iFree NYダウの圧勝なのは、iFree NYダウがSBI証券の2つのプランで扱われているからではないかと、考えています。でもそれは、低コストで良質な組成だという基礎があっての話でしょう。

評価:iFree NYダウの方が安心できます

たわらNYダウのトータルコストは決算期を経るごとに安くなってきており、現在はiFree NYダウとの差が0.027%ポイントまで小さくなっています。コロナショックによる株価暴落後のリターン比較では差がありません。が、過去の実績と人気、純資産総額を考慮すると、iFree NYダウの方が安心できます。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER