SEO

テーマ型ファンドの記事をトピッククラスターモデルで書いています

このブログでは「トピッククラスターモデル」を多用しています。テーマ型ファンドの記事群は3グループありますが、みなトピッククラスターモデルで書いています。

それらの記事群の内部リンクの様子をお見せします。

iFreeActiveシリーズ

iFreeActiveシリーズはどちらかと言うとマイナーなシリーズです。まとめ記事をピラーコンテンツとしてその周辺に各商品の評価記事を配置しています。

iFreeActiveシリーズのトピッククラスターモデルの内部リンクの様子

 

このピラーコンテンツへのGoogleの評価については、満足しています。

SMT MIRAIndexシリーズ

SMT MIRAIndexシリーズもマイナーなシリーズです。上記トピッククラスター群に、SMT MIRAIndexシリーズのまとめ記事へのリンクがあります。

SMT MIRAIndexシリーズのトピッククラスターモデルの内部リンクの様子、その2

次はSMT MIRAIndexシリーズの内部リンク構成です。

SMT MIRAIndexシリーズのトピッククラスターモデルの内部リンクの様子

この記事を書いていて、クラスターコンテンツ間のリンクが期待通りでないことに気付いたので、サクッと修正しました。次は修正後です。

SMT MIRAIndexシリーズのトピッククラスターモデルの内部リンクの様子、修正後

このピラーコンテンツへのGoogleの評価についても、満足しています。これぐらいマイナーなKWだと、EATのないYMYL系ブログでも検索上位が取れるようです。

eMAXIS Neoシリーズ

eMAXIS Neoシリーズは、テーマ型ファンドの中では知名度が高い印象です。

eMAXIS Neoシリーズのまとめ記事の配置

eMAXIS Neoシリーズは商品数が多いためクラスターコンテンツ(個別評価記事)が多く、関連記事とのリンクも多いです。次は内部リンク構造を確認している動画です。

このピラーコンテンツへのGoogleの評価は厳しいです。KWの難易度がマイナーなシリーズより明らかに高く、僕のブログでは検索上位を取らせてくれません。

トピッククラスターモデルのリンクの管理を簡単にするには

トピッククラスターモデルの利点を説くブログや動画はたくさんありますが、では実際にどうやって内部リンクを管理するのかについて現実的な解を提示しているものを見たことがありません。記事数が増えると内部リンク構造を管理するのは適切なツールなしには苦しくなります。

ネタばらしをすると、この記事は、そのためのツールに誘導するのが(自分の商品を売るのが)目的です。

おすすめの関連記事

-SEO

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER