米国株式

【徹底比較】米国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

近年米国株式インデックスが人気です。その人気に火を付けたのが楽天全米株式(楽天VTI)なのは、間違いありません。楽天全米株式の成功がなければ、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)も、SBIバンガードS&P500も誕生していないかも知れません。

楽天全米株式誕生前に設定された米国株式インデックスファンドもありましたが、どれも人気の獲得に失敗しました。人気とは誰もが狙って手に入れられるものではないのです。

ひと口に米国株式インデックスと言っても、いろいろです。好きな資産クラス、期待リターン、どれだけのリスクを負えるかでおすすめの商品が変わります。

VTIまたはS&P500種指数連動商品

米国株式インデックスに投資する場合、まず最初に検討すると良いのが(おそらく多くの人がそう考えるのが)、次の2つの指数に連動する商品です。

  • CRSP USトータル・マーケット・インデックス(VTIの指数)
  • S&P500種指数

どちらも米国株式のみに投資しますが、S&P500種指数が約500銘柄なのに対し、CRSP USトータル・マーケット・インデックスは約3,600銘柄と、より多くの銘柄を対象にしています。この2つの指数に優劣はなく、どちらが好きかで選べば良いと思います。そう言われても分からないという場合は、対応商品から気に入ったものを選ぶといいでしょう。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスなら楽天全米株式一択です。これ以外に、この指数に連動するインデックスファンドはありません。

S&P500種指数の場合、選択肢はたくさんありますが、現状ではeMAXIS Slim米国株式(S&P500)がおすすめです。

楽天全米株式とeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の二択で迷う人も少なくないでしょう。

NYダウ指数連動商品

NYダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)に連動する商品もたくさんありますが、コスト的に選択可能なのは少ないです。この指数は米国株式を代表する有名なものなのですが、30銘柄にしか投資しないことから、特に理由がないならより分散されたS&P500種指数かVTIの指数を選択するのが良いと思います。

現状ではiFree NYダウ一択になりますが、つみたてNISAで買えるのはeMAXIS NYダウだけです。

NASDAQ100指数連動商品

2019年12月以降のパフォーマンスが圧倒的なことから、人気急上昇中なのがNASDAQ100指数連動商品です。インデックスファンドなら、iFree NEXT NASDAQ100一択です。

VYM連動商品

楽天米国高配当株式(楽天VYM)の指数はFTSEハイディビデンド・イールド・インデックスです。楽天米国高配当株式はVYMに投資したい人には最良の選択肢ですが、パフォーマンスで楽天全米株式に負けていますし、悲しいくらい不人気です。

S&P500配当貴族指数連動商品

配当貴族という儲かりそうな名称ですが、そうでもありません。S&P500インデックスで十分な気がします。

NYSE FANG+指数連動商品

リスクの高さを承知の上でNYSE FANG+指数に投資するのであれば、iFree NEXT FANG+は高コストではありますが、良い選択肢です。

NASDAQバイオテクノロジー指数連動商品

NASDAQバイオテクノロジー指数に投資したい人にとって、iFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーは夢のような商品です。でも不人気で売れていないのが気になります。このままだと繰上償還コースです。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER