インデックス投資

iFreeActiveメディカルデバイスは不人気ながら今後期待できるかも

iFreeActiveシリーズはテーマ型アクティブファンドです。現在5商品が販売されています。信託報酬は税込み1.221%で統一されています。安くはないので、相応の高いパフォーマンスを期待してしまいます。

iFreeActiveメディカルデバイスは、現在需要が高まっている医療関連機器、技術に投資します。でも現状は、他のテーマ型ファンド同様、売れていません。極度に不人気です。

iFreeActiveメディカルデバイス

外国株式19銘柄、国内株式1銘柄に投資します。運用報告書によると、銘柄は結構入れ替わっているようです。なお国内株式はテルモでした。アクティブファンドですから、パフォーマンスはファンドマネージャーの実力と運に大きく左右されることになります。(もちろんS&P500のようなインデックスファンドに比べて、ということです。)

運用報告書から計算したトータルコストは普通です。

iFreeActiveメディカルデバイスのトータルコスト表

メディカルデバイスという尖ったテーマに投資する手軽な方法が少ない以上、期待しているパフォーマンスが得られるなら、このトータルコストは高くはないでしょう。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree S&P500のリターン比較

次はiFreeActiveメディカルデバイスとiFree S&P500のリターン比較です。iFreeActiveメディカルデバイスの設定直後を避けた、2018年11月5日から2020年4月24日です。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree S&P500のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeActiveメディカルデバイス、緑のラインがiFree S&P500です。株価暴落開始前は、傾向としては、S&P500よりパフォーマンスは良好でした。

株価暴落でiFree S&P500は最高値から34.5%も下落したのに対し、iFreeActiveメディカルデバイスは29.7%の下落にとどまり、また最近の基準価額の戻しが早いです。これは株価暴落をもたらした原因が生み出した特殊な需要、期待の表れによるものかも知れません。

この比較結果からは、iFreeActiveメディカルデバイスの受益者は、満足していないとしても失望もしていないように思えます。

iFree NEXT NASDAQバイオテクノロジー乱入

次はiFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーのリターン比較です。iFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーは、NASDAQバイオテクノロジー指数をベンチマークにしているインデックスファンドです。投資対象銘柄は200を超えています。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーのリターン比較グラフ

緑のラインがiFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーです。これは期待外れですね。株価暴落からの戻しが早いのはいいですが、この比較結果からはiFreeActiveメディカルデバイスの方が期待できそうです。

いや、未来は誰にも分かりません。これからiFree NEXT NASDAQバイオテクノロジーが大きく伸びるかも知れません。

iFree NEXT NASDAQ100乱入

次はiFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較です。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ

いい勝負ですが、この比較期間だとiFree NEXT NASDAQ100はiFreeActiveメディカルデバイスをアウトパフォームしています。でも、バイオテクノロジーという尖った分野の未来に賭けたい人には、欲しいのはiFree NEXT NASDAQ100じゃない、となることでしょう。

iFreeActiveメディカルデバイスは売れていません

次はiFreeActiveメディカルデバイスの、設定来の総口数の推移です。純資産総額は1.4億円ですが、そのうち1億円は運用側による初期投資です。

増えてはいますが、受益者の資金はたったの0.4億円ですから、極度に不人気です。でもこれはテーマ型ファンドに共通して言えることです。

まとめ:今後は期待できるかも

世界経済を破壊した元凶に関連して、メディカルデバイスへの注目・期待が高まっています。トレンドとしては、今後は期待できるかも知れません。でも近年相次いで登場したテーマ型ファンドがどれも鳴かず飛ばずであることを考えると、iFreeActiveメディカルデバイスが人気を獲得して売れるようになる状況は想像しにくいです。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER