米国株式

NEXT FUNDS NASDAQ-100(1545)の運用コストと評価

最近NASDAQ100指数が注目を浴びています。その最大の要因は驚異的なパフォーマンスでしょう。NASDAQ100指数に投資する方法はいくつかありますが、NEXT FUNDS NASDAQ-100(1545)もそのひとつです。

NEXT FUNDS NASDAQ-100

野村アセットマネジメントが運用している、NEXT FUNDS NASDAQ-100(1545)はNASDAQ100指数に連動する国内籍ETFです。そのため海外ETFであるQQQよりは手軽に買えるかと言うと、そうでもありません。

  • 設定されたのは2010年8月。
  • 信託報酬は税抜き0.45%
  • 売買単位が10株なので、ざっくり12万円の倍数でないと買えません。
  • 8月決算で年1回、配当金が出ます。国内籍ETFなので、配当金への二重課税が自動的に調整されます。

QQQの現在の取引価格は270ドル程度なので、ざっくり28,000円の倍数で買えます。iFree NEXT NASDAQ100なら、100円以上1円単位で買えます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に最もあったものを選択すれば良いです。

^NDXとQQQのリターン比較

ティッカーシンボル^NDXはNASDAQ100指数ですが、おそらく配当金は考慮していないと思います。次は^NDXとQQQの取引価格(配当金無視)の比較です。NEXT FUNDS NASDAQ-100との比較のために、2010年9月から2020年4月末までです。円換算しています。

^NDXとQQQの取引価格(配当金無視)の比較グラフ

青のラインはリターン差で、^NDXーQQQです。傾向が右肩上がりなのは当然として、ガタガタな理由は不明です。年4回の周期性があるので配当金がらみかも知れませんが、辻褄が合いません。右端の大きなヒゲは株価暴落時のものなので無視していいでしょう。

QQQトータルリターンと^NDXの比較

次はQQQトータルリターンと^NDXの比較です。縦軸のスケールを変えています。

QQQトータルリターンと^NDXの比較グラフ

青のラインはQQQトータルリターンー^NDXです。青のラインは(このスケールだと)きれいな右肩上がりで、この手の比較で良く見られる形状です。

この比較結果から、QQQはNASDAQ100指数に近い運用がされていると思われます。

QQQトータルリターンとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較

次はQQQトータルリターンとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較です。右端は2020年7月31日です。

QQQトータルリターンとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較グラフ

青のラインはQQQトータルリターンーNEXT FUNDS NASDAQ-100です。NEXT FUNDS NASDAQ-100は配当金を再投資していないので、青のラインが右肩上がりになるのは想定通りです。

QQQとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較

次はQQQとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較です。どちらも配当金は無視しています。

QQQとNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較グラフ

青のラインが右肩下がりなので、NEXT FUNDS NASDAQ-100の方がリターンが高いです。これは、NEXT FUNDS NASDAQ-100が株式から得られる配当金をファンド内で再投資し、それを分配するのが年1回だからでしょう。

次はiFree NEXT NASDAQ100に合わせて2018年9月からの比較です。

iFree NEXT NASDAQ100に合わせて2018年9月からの比較グラフ

赤の矢印の位置で青のラインが上がっているのは、NEXT FUNDS NASDAQ-100が分配金を出したからですね。株価暴落時の大きなヒゲは無視できるものです。

iFree NEXT NASDAQ100とNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較

次はiFree NEXT NASDAQ100とNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較です。iFree NEXT NASDAQ100の設定日翌月以降の比較です。右端は2020年7月31日です。

iFree NEXT NASDAQ100とNEXT FUNDS NASDAQ-100の比較グラフ

分配金を出さないiFree NEXT NASDAQ100の方が有利です。NEXT FUNDS NASDAQ-100だって分配金(ETFで言う配当金)を再投資すれば、と言ってもざっくり10万円単位でないと再投資できないのが難点です。

運用コスト

NEXT FUNDS NASDAQ-100は、信託報酬以外に次の費用がかかります。

NEXT FUNDS NASDAQ-100で信託報酬以外にかかる費用

引用:目論見書

これら信託報酬以外の費用がいくらなのかは、運用報告書に記載された費用明細から計算できます。ところが、NEXT FUNDS NASDAQ-100は運用報告書を作成しません。決算書を見ても僕にはこれらの費用を計算することができません。

でも、iFree NEXT NASDAQ100とNEXT FUNDS NASDAQ-100のリターン比較結果から、この2つのトータルコストはほとんど変わらないと思われます。つまり、税込み0.56%程度です。

評価:ETF好きでなければiFree NEXT NASDAQ100で十分

NEXT FUNDS NASDAQ-100の運用はNASDAQ100指数に忠実で、期待通りと言っていいでしょう。ざっくり12万円単位でないと買えませんが、国内籍ETFのメリットを活かせる人には良い選択肢になるはずです。が、トータルコストはiFree NEXT NASDAQ100と変わらないと思われるので、ETFへのこだわりがないなら、もっと手軽に少額から投資できるiFree NEXT NASDAQ100が良いでしょう。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER